少額債権回収の苦労

少額債権といえども、借金は借金ですから、回収しなければいけません。困ったことに少額だから、返さなくても大丈夫だろうとタカをくくっている相手もいる場合があるようです。相手を見極めて、貸したお金は何としてでも、返してもらいましょう。困ったときは弁護士に力になってもらえますから、その点は安心です。まずは、請求書を送る、電話を掛ける等、基本的な方法を取ります。こういった場合、昔からのつきあいがあれば、言いやすいものでしょう。相手も忙しさのために忘れていたという事も考えられなくもないですから、最初はやんわりと言った方が無難です。小さな企業の場合、このようなおつきあいの一つひとつを大事にしなければ経営がうまくいかないという死活問題である場合もあります。ですから、この段階で「忘れていてごめんなさい。」となれば、無事に解決という事です。

その次の手段は内容証明郵便で督促状です。こちらは前段階のものより、効くようです。それというのも、内容証明郵便の威力があるからでしょう。そのような郵便が届けば。こちらの本気の度合いが相手に伝わるのでしょう。それほどに内容証明郵便は力があるのです。困ったときに活用しましょう。それでも、無しのつぶての場合があります。そうしたところから、弁護士に相談して訴訟と発展してしまうのです。知り合いの企業であれば、そこまでしたくないと言うのが本音でしょう。何とか回収したいものです