少額債権回収

少額債権とは、会社が貸しているお金のことです。少額ということから、それほど大きな額ではないと言う意味になりますが、少額という度合も企業によって異なるでしょう。例えば、小さな企業にとっては10万位を少額債権と解釈されますが、大企業となると10万は大変微々たる額で少額債券といえども、100万単位だったりすることもあります。このように、こういった少額債権に対する感覚は企業の規模によって大変違いがあるのです。

企業の大小関わらず、借金は返してもらわなければならないでしょう。先ほども書きましたように、少額債権は会社が貸しているお金ですから、なんとしても債権回収はしたいものです。それには、様々な工夫や取組みがありますが、どのようなものがあるか、挙げてみましょう。まずは、オーソドックスでありますが、電話や手紙(とくに小さな企業ですと、このようなコミュニケーションから始める場合が多いでしょう。)でお知らせと言った形で債権回収の方法があります。しかし、困るのは前述した方法で感触なしの場合です。そうなると内容証明郵便で督促状を出すようになり、払ってくれる場合もあります。内容証明郵便の威力があるからでしょう。それでもダメな場合は弁護士に相談して訴訟となるでしょう。当サイトはこういったことでお困りの方のお役に立てるよう、少額債権回収の苦労、弁護士に相談することのすすめ、弁護士のメリットについてお伝え致します。ご参考になさってください。